第3回東アフリカ日本語教育会議プログラム

August 9, 2015

第3回東アフリカ日本語教育会議

2015年8月28日(金)、29日(土)、30日(日) 於在ケニア日本国大使館日本広報文化センター(JICC)

主催 ケニア日本語教師会(JALTAK)
共催 在ケニア日本国大使館日本広報文化センター(JICC)
助成 国際交流基金

8月28日(金) 10.00-16.30 (17.00-懇親会)

9.30 受付開始

10.00-10.15 開会式 寺田達志 在ケニア日本国大使

10.15-12.15 横溝紳一郎先生(西南女学院大学人文学部英語学科教授・日本)
基調講演「日本語教師の成長と学び合い」

12.15-13.15 昼食

13.30-16.30 横溝紳一郎先生(西南女学院大学人文学部英語学科教授・日本)
ワークショップ「教材を工夫してみよう!」

17.00- 懇親会

8月29日(土) 10.00-16.00

10.00-13.00 池津丈司日本語上級専門家(国際交流基金・エジプト)
ワークショップ「学び合う教師のためにーNTとNNTの恊働—」

13.00-14.00 昼食

14.00-16.00 実践・研究発表 4本(発表20分+質疑応答10分)

14.00-14.30 松浪千春(早稲田大学大学院修士課程・日本)
「実践コミュニティにおける教師の成長ーティーム・ティーチングを行う教師を事例としてー」

14.30-15.00 近藤 彩(ウタリカレッジ・ケニア)
「オーラル試験―予備試験を設けることの利点」

15.00-15.30 キルリ・ガチエ(ケニヤッタ大学・ケニア)
「Students’ attitudes, perceptions and preparedness towards Smart phones as learning tools in Japanese language learning」

15.30-16.00 イアン・ワイルワ(ストラスモア大学・ケニア)
「BYOD: Success and Failure, the Experience of Language Learning in Strathmore University」

8月30日(日) 10.00-15.45

10.00-12.30 東アフリカの日本語教育1

10.00-10.20 タンザニア:瀬戸彩子(ドドマ大学・JICA青年海外協力隊)

10.20-10.40 エチオピア:ミカエル・メブラフ・アレガウィ、テスファイ・ゲブレメド・アシェブ(メケレ大学)

10.40-11.00 スーダン:鵜澤威夫(ハルツーム大学・JICA青年海外協力隊)

11.00-11.20 マダガスカル:ラジャフィンドラミサ・リンジャ、ラヴォヒツア・フランシス(マダガスカル日本語教会)

11.20-11.40 ケニア:中村泰徳(日本国大使館JICC所長)

11.40-12.00 質疑応答

12.00-13.00 ランチ

13.00-13.00 ケニアの日本語教育

13.00-13.20 ポール・ワイナイナ(ウタリカレッジ)

13.20-13.40 イボンヌ・ウェリケ(エガートン大学)

13.40-14.00 アルパ・シャ(INDYE CHEMIE)

14.00-14.20 中村勝司、ワンダ・マシンデ(USIU)

14.20-14.40 コーヒー・ブレイク 

14.40-15.40 座談会 -現状の課題と次回会議にむけて- 

15.40-15.50 閉会式 中村勝司 ケニア日本語教師会長

Comments are closed.