The Sixth Conference of Japanese Language Education in East Africa: Call for Papers

December 31, 2017

2018 第6回東アフリカ日本語教育会議 (第6回ケニア日本語教育会議) 発表者募集 日程 2018年 8月31日(金)~9月2日(日) 会場 在ケニア日本国大使館広報文化センター    Japan Information & Culture Centre,    Mara Road, Upper Hill, Nairobi, Kenya 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) 共催 在ケニア日本国大使館 テーマ 「教師養成について考える」 東アフリカの日本語教育機関では専攻課程、日本語教師養成課程が整備されておらず、特に現地出身の日本語教師の指導・育成にあたって大きな問題を抱えています。そこで、研究発表や座談会を通して特に教師養成について議論を深め、長期的な視点から東アフリカの日本語教育に資する会議となることを目指します。 発表者募集(口頭発表) 実践報告、研究発表を募集します。時間は、発表20分、質疑応答10分、計30分です。 発表内容 本会議の趣旨に沿った内容で、未発表のものに限ります。 発表資格 発表資格は問いません。ただし、会議の全日程への参加が前提となります。従前の東アフリカ日本語教育会議参加国に限らず、世界中からどなたでも申し込むことができます。同じ30分枠で複数人での発表も可能です。 参加費用 会費: 50USD(JALTAK会員、招聘講師、アフリカ各国からの参加者は無料)。被招聘者を除き宿泊費、渡航費用等は自己負担となりますが、情報についてはお問い合わせください。 使用言語 日本語、もしくは英語。 締め切り 2018年4月30日(月) ※5月11日(金)まで延長しました。 採否通知 複数名の査読者により匿名で審査を行います。 2018年5月末までに結果をお知らせします。 応募方法 右の宛先にEメールにてご応募ください。 宛先: ea.japanese.2018@outlook.com 件名を「abstract_YOUR_NAME」とし(“YOUR_NAME”には応募者のお名前が入ります)、メール本文に「実践報告」または「研究発表」と入れ、お名前(日本語表記とローマ字表記)・ご所属(日本語と英語)・ご連絡先(e-mailアドレス)・題目(日本語と英語)を明記し、要旨を添付してお送りください。要旨の書式は、下記を参考にしてください。 要旨の書式 ➢ 1行目にタイトル(使用言語で) ➢ 1行空けて3行目にキーワード(3つ程度、使用言語で) ➢ 1行空けて、5行目から本文を書き始めてください。 文字数は、参考文献を除き、日本語 1000文字以内、英語 250 words以内で、A4用紙1枚に収めてください。フォーマットは *.docか *.docxでお願いいたします。 採用の場合は、プログラム用要旨を和文と英文で改めてご提出いただきます。 また、会議終了後、論集(隔年刊)用の原稿の提出をお願いいたします。

0