5th Conference of Japanese Language Education in East Africa: Follow-up Seminar in Nairobi

September 3, 2017

第五回東アフリカ日本語教育会議 ナイロビフォローアップセミナー Date & Time 日時: Sunday 10 September 2017 13:00-18:00 2017年9月10日(日) 13:00-18:00 Venue 会場: Parklands Sports Club: The Maktaba Room パークランズ・スポーツクラブ 2F マクタバ・ルーム https://www.google.com/maps/place/Parklands+Sports+Club/ Workshop ワークショップ: “JF Standard & Can-do” (Working Language: Japanese) 「JFスタンダードとCan-do」 Lecturer 講師: Mr. Jun Arisue (Japanese Advisor at Japan Foundation New Delhi, Former Visiting Lecturer at Kenyatta University) 蟻末 淳 氏(国際交流基金ニューデリー日本文化センター[南インド担当]日本語上級専門家、元ケニヤッタ大学客員講師) Abstract: […]

0

5th Conference of Japanese Language Education in East Africa: Programme

September 2, 2017

第五回東アフリカ日本語教育会議プログラム ⼤会コンセプト: アフリカにおける読解指導について考える 〜JFスタンダードの普及を⾒据えて〜 2017年9月6日(水)、7日(木)、8日(金) 於:在マダガスカル日本国大使館 主催 マダガスカル日本語教師会 共催 在マダガスカル日本国大使館 協力 ケニア日本語教師会(JALTAK) 助成 国際交流基金 9月6日(水) 09:00-16:00 ~9:15 受付開始 9:30~09:45 開会の辞 [特別ワークショップ Special Workshop] 9:45~11:45 様々な読解について考える 蟻末淳 (招聘講師/国際交流基⾦ニューデリー⽇本⽂化センター⽇本語上級専⾨家・南インド担当) 皆さんにとって読解とはどんなイメージですか。JLPTで出題されてきたような⻑⽂を読んで意味が理解できたかを選択したり、本⽂の⽳埋めをするような問題? でも、それは「読解問題」という読解の⼀つの形でしかありません。では、⽇常⽣活で私達は読解とどのように付き合っているでしょうか? 現在、コンピューターやインターネットの登場によって、これまで以上に⽂字に触れる機会が多くなり、読解のあり⽅も変わって来ています。⽇本語教育における読解の意味についていっしょに考えてみましょう。 11:45~13:30 昼休憩 [機関報告 Introduction of Institution] 13:30~14:00 富⼠⼭クラブの紹介 ANDRIANAFETRA Zo Soloniary Ianteherana (マダガスカル/Fujisan Club 富⼠⼭クラブ・⽇本語協会) ①富⼠⼭クラブの歴史。 ②どんな活動をしていますか。 ③富⼠⼭クラブの学⽣は、勉強が終わったあと何をしますか。 ④富⼠⼭クラブの⽬標はなんですか。 14:00~14:30 アンタナナリボ⼤学⽇本語コースの発展 新野美奈(マダガスカル/⻘年海外協⼒隊) 2016年3⽉から始まったアンタナナリボ⼤学⽇本語コースの概要と約1年半を経てのコースの状況と学⽣の習熟度、これからの課題について 14:30~15:00 サブサハラ・アフリカにおける⽇本語学習と⽇本留学の展開―ザンビア⼤学⽇本語講座と「留学コーディネーター配置事業」の取組から […]

0