the 1st Japanese Language Education Conference in East Africa, 2013

April 28, 2013

2013年 第一回東アフリカ日本語教育会議のお知らせ 「東アフリカから世界へ!— 日本から遠く離れた国の日本語教育を考える —」 日時 2013年 7月12日(金)・13日(土)・14日(日) 場所 ケニア・ナイロビ 在ケニア日本国大使館広報文化センター(JICC)・多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) / 共催 在ケニア日本国大使館広報文化センター 援助 国際交流基金 テーマ「東アフリカから世界へ!— 日本から遠く離れた国の日本語教育を考える —」  ケニアの日本語学習者は1700名以上を数えます。また、2013年現在サブサハラで唯一の日本語能力試験(JLPT)の会場になるなど、東アフリカにおける日本語教育の重要な位置を占めています。  このケニアで、昨年、サブサハラ初の本格的な日本語教育に関する会議である「第一回ケニア日本語教育会議『授業をつくる — コースデザインから評価まで —』」がマダガスカル・エチオピア・ウガンダ他の参加者を迎え、開催されました。今回はそれに続き、第一回東アフリカ日本語教育会議(第二回ケニア日本語教育会議)が開催される運びとなりました。  日本から地理的にも心理的にも遠く離れたケニアを始めとする東アフリカ諸国は、日本やアジア諸国、また、欧米諸国とも、全く違う日本語教育の課題を抱えています。日本に実際に行ける学習者もほとんどおらず、また、日本語を実際に使う機会もそう多くはありません。一方、インターネット上の新しいコミュニケーション手段・マルチメディアリソースなど、新たなテクノロジーにより、自発的、直接的に日本に繋がる機会も増えてきています。  東アフリカの日本語教育は、グローバル化する世界の中でどのように考えられていくべきなのか。国際協力としての日本語教育に大きく関わっている聖心女子大学・佐久間勝彦教授の基調講演「日本から遠い国における日本語教育について」を軸とし、討論会等を通じ、世界の中での東アフリカの日本語教育について考えていきます。  また、プリンストン大学牧野成一名誉教授の特別ワークショップの他、実際の授業にすぐに役立つワークショップ、そして、東アフリカ内外の専門家による実践・研究発表を予定しております。  東アフリカ日本語教育会議と銘打っておりますが、是非、東アフリカ以外の世界中からのご参加をお待ちしております。「東アフリカから世界へ!」東アフリカが日本語教育において、これまでの受け身の立場から、世界の日本語教育へと発信する立場になって欲しい、という思いを込めて、このテーマをつけました。是非、東アフリカの日本語教育の一部でも日本及び皆様の国へ伝えていただきたい、と思います。  実践・研究発表、ワークショップは一般募集しておりますので、詳細については別紙をご覧ください。  今回の第一回東アフリカ日本語教育会議が、東アフリカ、更には世界の日本語教育の発展に少しでも寄与することを望んでおります。 第一回東アフリカ日本語教育会議 実行委員代表 蟻末 淳 第一回東アフリカ日本語教育会議 発表募集 日時 2013年 7月12日(金)・13日(土)・14日(日) 場所 ケニア・ナイロビ 在ケニア日本国大使館広報文化センター(JICC)・多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) / 共催 在ケニア日本国大使館広報文化センター 援助 国際交流基金 テーマ「東アフリカから世界へ!— 日本から遠く離れた国の日本語教育を考える —」 第一回東アフリカ日本語教育会議では、実践・研究発表、ワークショップの一般募集をしております。使用言語は日本語もしくは英語です。 […]

0