第一回ケニア日本語教育会議 : プログラム

July 28, 2012

第一回ケニア日本語教育会議「コースデザインから評価まで」 8月4日(土)、5日(日) 於在ケニア日本国大使館日本広報文化センター多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会 共催 在ケニア日本国大使館日本広報文化センター 後援 国際交流基金 8月4日(土) 10.00-18.00 9.30-10.00 受付 10.00- 開会式 在ケニア日本国大使館日本広報文化センター宇賀神実紀所長 挨拶 ケニア日本語教師会中村勝司会長 挨拶 参加者自己紹介 10.30-12.00 伊東祐郎東京外国語大学留学生日本語教育センター教授 基調講演 「授業とテスト」 (講演1時間・質問等30分)  多くの日本語教師が作成するテストは、カリキュラムに基づいた到達度テストであろう。一般的には、授業で教授した文法項目や新たに導入した語彙、音声などが出題内容になる。また、作文力やスピーキング力などの運用力の獲得が学習目標になっている場合には、書かせたり話させたりするパフォーマンス・テストを実施することになる。日本語のテストは、言語教育と言語習得と密接な関係にある。テストが学習と教育の効果についての情報を得るうえで必要不可欠なものである以上、日本語教師も実際の学習者の成果(Outcomes)を積極的に具現化して、学習者および教師双方に共有されたものになっていることが望ましい。授業とテストの密接な関係について考えてみたい。 12.00-14.00 昼休み 14.00-17.45 実践・研究発表 — E-learning — (司会・近藤 彩) 14.00-14.20 蟻末 淳(ケニア・ケニヤッタ大学) 中村勝司(ケニア・USIU) 「日本語クラスでのFacebookの使用実践例」 14.20-14.40 イアン・ワイルア(ケニア・ストラスモア大学) 「Towards Integration of Social Media into Blended Elearning for Japanese Language in Kenya」 […]

0

First Conference of Japanese Language Education in Kenya : Programme

July 28, 2012

First Conference of Japanese Language Education in Kenya “Organizing Course: From Course Design to Evaluation” Date: 4th (Sat) / 5th (Sun) August 2012 Venue: Multi-purpose Hall, Japan Information and Culture Center, Embassy of Japan in Kenya Organized by Japanese Language Teachers’ Association – Kenya (Jaltak) in conjunction with Embassy of Japan Sponsor: Japan Foundation Day […]

0