the 1st Japanese Language Education Conference in Kenya, 2012

May 27, 2012

第一回ケニア日本語教育会議のお知らせ 「授業をつくる — コースデザインから評価まで —」 日時 2012年 8月4日(土)・5日(日) 場所 ケニア・ナイロビ 在ケニア日本国大使館広報文化センター(JICC)・多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) / 共催 在ケニア日本国大使館広報文化センター 後援 国際交流基金 テーマ「授業をつくる — コースデザインから評価まで —」  ケニアは2008年からサブサハラで唯一の日本語能力試験(JLPT)の会場になるなど、東アフリカにおける日本語教育の重要な位置を占めています。現在、ケニアでの日本語学習者も約1000名を数え、大学での副専攻課程の設立、中級の学習者の増加など、日本語教育も重要な岐路に立っています。  日本から地理的に遠く離れたケニアにおける日本語教育は、当然、日本で行われる日本語教育とは質を異とし、一般的な基礎日本語に加え、観光立国としての観光日本語などが求められています。  また、インターネット上の新しいコミュニケーション手段・マルチメディアリソースなど、新たなテクノロジーを利用することにより、学習者が自発的、直接的に日本に繋がる機会も増えてきました。  このようなケニアの日本語教育を取り巻く環境の中で、どのように日本語の授業を作っていけばいいのでしょうか。学習の評価はどのようになされるべきでしょうか。  ケニア、更には東アフリカでの日本語教育におけるコースデザイン・評価を改めて考える機会となるよう、東京外国語大学留学生日本語教育センター長伊東祐郎教授をお招きし、第一回ケニア日本語教育会議を開催いたします。  会議では、伊東氏による講演の他、国際交流基金カイロ日本文化センター・村上吉文日本語上級専門家によるコースデザインに関してのワークショップ、ケニア内外の専門家による実践・研究発表、ケニア・東アフリカの日本語教育に関する討論会を予定しております。  実践・研究発表、ワークショップは一般募集しておりますので、詳細については以下をご覧ください。  今回の第一回ケニア日本語教育会議が、ケニア、更には、東アフリカの日本語教育の発展に繋がることを望んでおります。 第一回ケニア日本語教育会議 実行委員代表 蟻末 淳 第一回ケニア日本語教育会議 発表募集 日時 2012年 8月4日(土)・5日(日) 場所 ケニア・ナイロビ 在ケニア日本国大使館広報文化センター(JICC)・多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) / 共催 在ケニア日本国大使館広報文化センター 後援 国際交流基金 テーマ「授業をつくる — コースデザインから評価まで —」 第一回ケニア日本語教育会議では、実践・研究発表、ワークショップの一般募集をしております。使用言語は日本語もしくは英語です。 1) […]

0