First Conference of Japanese Language Education in East Africa

June 14, 2013

First Conference of Japanese Language Education in East Africa “Input from East Africa to the world: Rethinking of Japanese Language Education in countries far from Japan” Date: 12h (Fri) / 13th (Sat) / 14th (Sun) July 2013 Venue: Multi-purpose Hall, Japan Information and Culture Center, Embassy of Japan in Kenya Organized by Japanese Language Teachers’ […]

0

the 1st Japanese Language Education Conference in East Africa, 2013

April 28, 2013

2013年 第一回東アフリカ日本語教育会議のお知らせ 「東アフリカから世界へ!— 日本から遠く離れた国の日本語教育を考える —」 日時 2013年 7月12日(金)・13日(土)・14日(日) 場所 ケニア・ナイロビ 在ケニア日本国大使館広報文化センター(JICC)・多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) / 共催 在ケニア日本国大使館広報文化センター 援助 国際交流基金 テーマ「東アフリカから世界へ!— 日本から遠く離れた国の日本語教育を考える —」  ケニアの日本語学習者は1700名以上を数えます。また、2013年現在サブサハラで唯一の日本語能力試験(JLPT)の会場になるなど、東アフリカにおける日本語教育の重要な位置を占めています。  このケニアで、昨年、サブサハラ初の本格的な日本語教育に関する会議である「第一回ケニア日本語教育会議『授業をつくる — コースデザインから評価まで —』」がマダガスカル・エチオピア・ウガンダ他の参加者を迎え、開催されました。今回はそれに続き、第一回東アフリカ日本語教育会議(第二回ケニア日本語教育会議)が開催される運びとなりました。  日本から地理的にも心理的にも遠く離れたケニアを始めとする東アフリカ諸国は、日本やアジア諸国、また、欧米諸国とも、全く違う日本語教育の課題を抱えています。日本に実際に行ける学習者もほとんどおらず、また、日本語を実際に使う機会もそう多くはありません。一方、インターネット上の新しいコミュニケーション手段・マルチメディアリソースなど、新たなテクノロジーにより、自発的、直接的に日本に繋がる機会も増えてきています。  東アフリカの日本語教育は、グローバル化する世界の中でどのように考えられていくべきなのか。国際協力としての日本語教育に大きく関わっている聖心女子大学・佐久間勝彦教授の基調講演「日本から遠い国における日本語教育について」を軸とし、討論会等を通じ、世界の中での東アフリカの日本語教育について考えていきます。  また、プリンストン大学牧野成一名誉教授の特別ワークショップの他、実際の授業にすぐに役立つワークショップ、そして、東アフリカ内外の専門家による実践・研究発表を予定しております。  東アフリカ日本語教育会議と銘打っておりますが、是非、東アフリカ以外の世界中からのご参加をお待ちしております。「東アフリカから世界へ!」東アフリカが日本語教育において、これまでの受け身の立場から、世界の日本語教育へと発信する立場になって欲しい、という思いを込めて、このテーマをつけました。是非、東アフリカの日本語教育の一部でも日本及び皆様の国へ伝えていただきたい、と思います。  実践・研究発表、ワークショップは一般募集しておりますので、詳細については別紙をご覧ください。  今回の第一回東アフリカ日本語教育会議が、東アフリカ、更には世界の日本語教育の発展に少しでも寄与することを望んでおります。 第一回東アフリカ日本語教育会議 実行委員代表 蟻末 淳 第一回東アフリカ日本語教育会議 発表募集 日時 2013年 7月12日(金)・13日(土)・14日(日) 場所 ケニア・ナイロビ 在ケニア日本国大使館広報文化センター(JICC)・多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) / 共催 在ケニア日本国大使館広報文化センター 援助 国際交流基金 テーマ「東アフリカから世界へ!— 日本から遠く離れた国の日本語教育を考える —」 第一回東アフリカ日本語教育会議では、実践・研究発表、ワークショップの一般募集をしております。使用言語は日本語もしくは英語です。 […]

0

February 12, 2013

The 6th Japanese Speech Contest was held on Saturday 9th February, 2013 at United States International University (USIU), Auditorium. Program : PROGRAM P1 PROGRAM P2 Program Presentation : PRESENTATION 1st prize : Martin Tobiko Koipa (Tour Guide) 2nd prize : Alpa Shantilal Shah (Entrepreneur) 3rd prize : Catherine Apiyo Odianga (Medical Laboratory Technologist) Outstanding performance […]

0

ケニア日本語教師会会報第3号 JALTAK Journal vol.3

January 28, 2013

ケニア日本語教師会会報第3号 JALTAK Journal vol.3 第5回ケニア日本語弁論大会 The fifth Japanese Language Speech Contest in Kenya 第1回ケニア日本語教育会議 The first Japanese Language Education Conference in Kenya Kenyatta University Language Day 日本語能力試験 JLPT JALTAK Journal vol.3 DOWNLOAD

0

The 6th Japanese Speech Contest

January 7, 2013

The 6th Japanese Speech Contest will be held on Saturday 9th February, 2013 at United States International University (USIU), Auditorium. — How to Apply — 1. Choose one theme and prepare the speech of 3-5 minutes theme. 1. 私の文化・Culture of My People 2. 今までで一番嬉しかったこと・The Happiest Moment of My Life 3. 日本語を勉強する楽しみ・The Fun of Studying Japanese […]

0

第一回ケニア日本語教育会議 : プログラム

July 28, 2012

第一回ケニア日本語教育会議「コースデザインから評価まで」 8月4日(土)、5日(日) 於在ケニア日本国大使館日本広報文化センター多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会 共催 在ケニア日本国大使館日本広報文化センター 後援 国際交流基金 8月4日(土) 10.00-18.00 9.30-10.00 受付 10.00- 開会式 在ケニア日本国大使館日本広報文化センター宇賀神実紀所長 挨拶 ケニア日本語教師会中村勝司会長 挨拶 参加者自己紹介 10.30-12.00 伊東祐郎東京外国語大学留学生日本語教育センター教授 基調講演 「授業とテスト」 (講演1時間・質問等30分)  多くの日本語教師が作成するテストは、カリキュラムに基づいた到達度テストであろう。一般的には、授業で教授した文法項目や新たに導入した語彙、音声などが出題内容になる。また、作文力やスピーキング力などの運用力の獲得が学習目標になっている場合には、書かせたり話させたりするパフォーマンス・テストを実施することになる。日本語のテストは、言語教育と言語習得と密接な関係にある。テストが学習と教育の効果についての情報を得るうえで必要不可欠なものである以上、日本語教師も実際の学習者の成果(Outcomes)を積極的に具現化して、学習者および教師双方に共有されたものになっていることが望ましい。授業とテストの密接な関係について考えてみたい。 12.00-14.00 昼休み 14.00-17.45 実践・研究発表 — E-learning — (司会・近藤 彩) 14.00-14.20 蟻末 淳(ケニア・ケニヤッタ大学) 中村勝司(ケニア・USIU) 「日本語クラスでのFacebookの使用実践例」 14.20-14.40 イアン・ワイルア(ケニア・ストラスモア大学) 「Towards Integration of Social Media into Blended Elearning for Japanese Language in Kenya」 […]

0

First Conference of Japanese Language Education in Kenya : Programme

July 28, 2012

First Conference of Japanese Language Education in Kenya “Organizing Course: From Course Design to Evaluation” Date: 4th (Sat) / 5th (Sun) August 2012 Venue: Multi-purpose Hall, Japan Information and Culture Center, Embassy of Japan in Kenya Organized by Japanese Language Teachers’ Association – Kenya (Jaltak) in conjunction with Embassy of Japan Sponsor: Japan Foundation Day […]

0

Japanese Language Speech Contest 2012 in Kenya : Video

June 13, 2012

Now the videos of Japanese Language Speech Contest 2012 in Kenya are uploaded on youtube! You can see almost all speeches on PLAYLIST Japanese Language Speech Contest 2012 in Kenya You can download also Poster : download Program 1 : download Program 2 : download Presentation : download English speech text : download For each […]

0

First Conference of Japanese Language Education in Kenya “Organizing Course: From Course Design to Evaluation”

June 4, 2012

First Conference of Japanese Language Education in Kenya “Organizing Course: From Course Design to Evaluation” Date: 4th (Sat) / 5th (Sun) August 2012 Venue: Multi-purpose Hall, Japan Information and Culture Center, Embassy of Japan in Kenya Organizers: Japanese Language Teachers’ Association – Kenya / Embassy of Japan Sponsor: Japan Foundation Theme: “Organizing Course: From Course […]

0

the 1st Japanese Language Education Conference in Kenya, 2012

May 27, 2012

第一回ケニア日本語教育会議のお知らせ 「授業をつくる — コースデザインから評価まで —」 日時 2012年 8月4日(土)・5日(日) 場所 ケニア・ナイロビ 在ケニア日本国大使館広報文化センター(JICC)・多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) / 共催 在ケニア日本国大使館広報文化センター 後援 国際交流基金 テーマ「授業をつくる — コースデザインから評価まで —」  ケニアは2008年からサブサハラで唯一の日本語能力試験(JLPT)の会場になるなど、東アフリカにおける日本語教育の重要な位置を占めています。現在、ケニアでの日本語学習者も約1000名を数え、大学での副専攻課程の設立、中級の学習者の増加など、日本語教育も重要な岐路に立っています。  日本から地理的に遠く離れたケニアにおける日本語教育は、当然、日本で行われる日本語教育とは質を異とし、一般的な基礎日本語に加え、観光立国としての観光日本語などが求められています。  また、インターネット上の新しいコミュニケーション手段・マルチメディアリソースなど、新たなテクノロジーを利用することにより、学習者が自発的、直接的に日本に繋がる機会も増えてきました。  このようなケニアの日本語教育を取り巻く環境の中で、どのように日本語の授業を作っていけばいいのでしょうか。学習の評価はどのようになされるべきでしょうか。  ケニア、更には東アフリカでの日本語教育におけるコースデザイン・評価を改めて考える機会となるよう、東京外国語大学留学生日本語教育センター長伊東祐郎教授をお招きし、第一回ケニア日本語教育会議を開催いたします。  会議では、伊東氏による講演の他、国際交流基金カイロ日本文化センター・村上吉文日本語上級専門家によるコースデザインに関してのワークショップ、ケニア内外の専門家による実践・研究発表、ケニア・東アフリカの日本語教育に関する討論会を予定しております。  実践・研究発表、ワークショップは一般募集しておりますので、詳細については以下をご覧ください。  今回の第一回ケニア日本語教育会議が、ケニア、更には、東アフリカの日本語教育の発展に繋がることを望んでおります。 第一回ケニア日本語教育会議 実行委員代表 蟻末 淳 第一回ケニア日本語教育会議 発表募集 日時 2012年 8月4日(土)・5日(日) 場所 ケニア・ナイロビ 在ケニア日本国大使館広報文化センター(JICC)・多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) / 共催 在ケニア日本国大使館広報文化センター 後援 国際交流基金 テーマ「授業をつくる — コースデザインから評価まで —」 第一回ケニア日本語教育会議では、実践・研究発表、ワークショップの一般募集をしております。使用言語は日本語もしくは英語です。 1) […]

0