第三回東アフリカ日本語教育会議について

May 10, 2015

第三回東アフリカ日本語教育会議 「教師の成長と学び合いについて考える」 日時 2015年 8月28日(金)・29日(土)・30日(日) 場所 ケニア・ナイロビ 在ケニア日本国大使館広報文化センター(JICC)・多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) / 共催 在ケニア日本国大使館広報文化センター 援助 国際交流基金 テーマ「教師の成長と学び合いについて考える」 ケニアでは、2013年に第一回東アフリカ日本語教育会議(第二回ケニア日本語教育会議)『東アフリカから世界へ!-日本から遠く離れた国の日本語教育を考える』が開催されました。そして昨年は『初級を教えるー初級日本語学習者の指導について考えるー』をテーマとして「第二回東アフリカ日本語教育会議(第三回ケニア日本語教育会議)を実施致しました。昨年の会議にはマダガスカル、タンザニア、エチオピア他世界各国で日本語教育に携わっていらっしゃる先生方にご参加頂き、研究発表や座談会を通して非常に活発な議論が行われました。そして、本年もケニアにて第三回東アフリカ日本語教育会議(第四回ケニア日本語教育会議)が開催される運びとなりました。 これまでの会議を通じ、日本から地理的にも心理的にも遠く離れたケニアを始めとする東アフリカ諸国は、日本やアジア諸国、また、欧米諸国とも、全く違う日本語教育の共通の課題を抱えていることが明らかになりました。その課題の一つとして、日本に実際に行ける学習者も少なく、日本語を実際に使う機会もそう多くはないということが挙げられます。しかし、そのような状況にも関わらず、教師は情熱を持って教育に取り組み、学習者もまた情熱を持って学習に取り組んでいます。2013年6月に日本政府は、日本で開催されたTICAD(アフリカ開発会議)Ⅴにおける行動計画を踏まえ、以後5年間でアフリカから1000人の若者に対し日本の大学、大学院での教育に加え、日本企業でのインターンシップの機会を提供することを表明しました。現在、第一パッチの155名が日本にて研修中です(アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(African Business Education Initiative for Youth、ABEイニシアティブ))。このような現状を受け、アフリカにおける日本語学習熱はますます高まっていくことと思われます。 そこで、今年の会議のテーマは、多様な学習者やそのニーズに対応するためにも教師はどのように成長するべきか、また、教師同士、学習者同士、教師と学習者がどのように学び合うべきかについて考えるために『教師の成長と学び合いについて考える』としました。普段の授業や教室運営等を見直し、教師の成長や、恊働などについて、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。今年は西南女学院大学教授の横溝紳一郎先生をお招きして「日本語教師の成長と学び合い」という題目で基調講演をして頂き、その後の特別ワークショップを通して、教師の成長と学び合いについて考えていきたいと思います。また、東アフリカ内外の専門家による実践・研究発表、ポスター発表を予定しております。 東アフリカ日本語教育会議と銘打っておりますが、是非、東アフリカ以外の世界中からのご参加をお待ちしております。東アフリカにおける日本語教育の一部でも日本及び皆様の国へ伝えていただきたい、と思います。 実践・研究発表、ポスター発表は一般募集しておりますので、詳細については別紙をご覧ください。 今回の第三回東アフリカ日本語教育会議が、東アフリカ、更には世界の日本語教育の発展に少しでも寄与することを望んでおります。 第三回東アフリカ日本語教育会議 実行委員代表 里見 文 第三回東アフリカ日本語教育会議 発表募集 日時 2015年 8月28日(金)・29日(土)・30日(日) 場所 ケニア・ナイロビ 在ケニア日本国大使館広報文化センター(JICC)・多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) / 共催 在ケニア日本国大使館広報文化センター 援助 国際交流基金 テーマ「教師の成長と学び合いについて考える」 第三回東アフリカ日本語教育会議では、実践・研究発表、ポスター発表の一般募集をしております。使用言語は日本語もしくは英語です。 1) 実践報告・研究発表 ➢教師の成長に関する実践・研究 ➢恊働に関する実践・研究 ➢初級学習者を対象とした日本語教育の授業運営に関わる実践・研究 ➢東アフリカ他世界の日本語教育事情・日本語教育実践について 発表時間は20分+質疑応答10分です。メール本文に、実践報告か研究発表かを明記し、 […]

0

The 8th Japanese Speech Contest in Kenya

March 11, 2015

INTRODUCTION It is our great pleasure to invite you to this years Japanese Speech Contest,which is organized by Japanese Language Teachers Association Kenya (JALTAK) and the Embassy of Japan in Kenya. Embassy of Japan and JALTAK, which was established in 2002 to promote Japanese language education in Kenya, have been jointly organizing three important events […]

0

Japanese Speech Contest 2015 (how to apply)

November 25, 2014

Japanese Language Speech Contest 2015 Date : 21th Saturday, May 2015 Venue : Japanese Embassy (JICC) How to apply 1) Choose one theme and prepare the speech of 3-5 minutes. THEME [A] Culture of my people THEME [B] The happiest moment of my life THEME [C] The fun of studying Japanese THEME [D] Free topic […]

0

第二回東アフリカ日本語教育会議プログラム

July 16, 2014

第二回東アフリカ日本語教育会議 2014年8月8日(金)、9日(土)、10日(日) 於在ケニア日本国大使館日本広報文化センター(JICC) 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) 共催 在ケニア日本国大使館日本広報文化センター(JICC) 助成 国際交流基金 8月8日(金) 10.00-17.00 (18.00-懇親会) 9.30 受付開始 10.00- 開会式 (司会・里見 文) 寺田達志駐ケニア日本国大使挨拶 10.15-12.15 小林典子先生(元筑波大学教授、現同大学留学生センター客員共同研究員・日本) 基調講演「初級学習者はどのように文法のルールを獲得するのか」 12.15-13.15 昼食 13.15-15.15 小林典子先生(元筑波大学教授、現同大学留学生センター客員共同研究員・日本) ワークショップ「初級学習者文法指導について考える」 (司会・里見 文) 15.15-15.30 コーヒーブレイク 15.15-17.15 実践・研究発表(司会・キルリ・ガチエ) 15.30-16.00 海老原峰子(元Bunka Language Pte. School・シンガポール)       「初級学習者に対する助詞「は」の指導法」 16.00-16.30 モニカ・カフンブル(東アフリカカトリック大学・ケニア)       「初級日本語学習指導における文字教育の開始時期―カトリック大学を例に―」 16.30-17.00 蟻末 淳(国際交流基金日本語上級専門家・メキシコ)、中垣友江(大阪大学大学院生・日本)       「インターネット時代におけるケニアの日本語学習環境」 18.00- 懇親会 8月9日(土) 9.30-17.00 9.30-11.30池津丈司上級専門家(国際交流基金日本語上級専門家・エジプト) ワークショップ「国際交流基金発行教科書『まるごと』を使ってみよう!」 (司会・モニカ・カフンブル) 11.30-11.45 コーヒーブレイク 11.45-12.45 実践・研究発表(司会・モニカ・カフンブル) 11.45-12.15 中村勝司(USIU・ケニア)       「東アフリカにおける日本語初級クラスでの学生のプレゼンによる日本文化紹介:USIUの事例」 12.15-12.45 近藤 彩(ウタリカレッジ・ケニア)       「観光日本語と接客業-時間感覚アンケート」 12.45-13.45 昼食 13.45-14.45 加納千恵子先生(筑波大学教授・日本)、 ワークショップ「初級日本語学習者の漢字力の評価」(司会・里見 […]

0

東アフリカ日本語教育1 発行のお知らせ

July 9, 2014

2012年8月4日、5日にナイロビで行われた 第一回ケニア日本語教育会議 「授業を作る — コースデザインから評価まで」 及び 2013年7月12日、13日、14日にナイロビで行われた 第一回東アフリカ日本語教育会議 (第二回ケニア日本語教育会議) 「東アフリカから世界へ! — 日本から遠く離れた国の日本語教育を考える —」 の報告集 『東アフリカ日本語教育 1』 のpdf版が完成いたしました。 東アフリカ初の本格的な日本語教育会議の貴重な記録です。 ケニア・マダガスカル・タンザニア・エチオピア・ウガンダ・スーダンの貴重な日本語教育の現状の報告、研究や実践報告に加え、 二回に渡る、関係者が本音で語る座談会の記録は、日本から離れた国で行われる日本語教育における重要な示唆になると思われます。 高解像度版 (約35MB) 低解像度版 (約11MB) 印刷媒体を希望する方は jaltak@e−nihon.net (半角にしてください) まで、お問い合わせください。

0

第二回東アフリカ日本語教育会議

May 20, 2014

2014年 第二回東アフリカ日本語教育会議のお知らせ 「初級を教える— 初級日本語学習者の指導について考える —」 日時 2014年 8月8日(金)・9日(土)・10日(日) 場所 ケニア・ナイロビ 在ケニア日本国大使館広報文化センター(JICC)・多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) / 共催 在ケニア日本国大使館広報文化センター 援助 国際交流基金 テーマ「初級を教える— 初級日本語学習者の指導について考える —」  ケニアでは、昨年、第一回東アフリカ日本語教育会議(第二回ケニア日本語教育会議)『東アフリカから世界へ!-日本から遠く離れた国の日本語教育を考える』が開催されました。会議にはマダガスカル、タンザニア、エチオピア他世界各国で日本語教育に携わっていらっしゃる先生方にご参加頂き、東アフリカにおける日本語教育は、グローバル化する世界の中でどのように考えられていくべきなのか、研究発表や座談会を通して非常に活発な議論が行われました。そして、昨年に引き続き今年も、ケニアにて第二回東アフリカ日本語教育会議(第三回ケニア日本語教育会議)が開催される運びとなりました。  一昨年、昨年の会議を通じ、日本から地理的にも心理的にも遠く離れたケニアを始めとする東アフリカ諸国は、日本やアジア諸国、また、欧米諸国とも、全く違う日本語教育の共通の課題を抱えていることが明らかになりました。その課題の一つとして、日本に実際に行ける学習者もほとんどおらず、また、日本語を実際に使う機会もそう多くはないということが挙げられます。しかし、そのような状況にも関わらず、教師は情熱を持って教育に取り組み、学習者もまた情熱を持って学習に取り組んでいます。おりしも日本政府は、昨年6月に日本で開催されたTICAD(アフリカ開発会議)Ⅴにおける行動計画を踏まえ、今後5年間でアフリカから800名以上の学生を受け入れることを表明しました。これを受け、アフリカにおける日本語学習熱はますます高まっていくものと思われます。  そこで、今年の会議のテーマは、ほぼ大半の日本語学習者が初級日本語学習者であるという東アフリカの日本語教育の現状と、今後新たに日本語学習者が増加するであろうという予測を踏まえ、『初級を教えるー初級日本語学習者の指導について考えるー』としました。普段の授業を見直し、学習者をひきつける授業、効果的な指導法などについて、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。学習者の文法習得に詳しい元筑波大学教授の小林典子先生に「初級学習者はどのように文法のルールを獲得するのか」という題目で基調講演をして頂き、その後の特別ワークショップを通して、初級日本語学習者に対する指導について考えていきたいと思います。そして、討論会等を通じ、東アフリカという地域に特化した効果的な指導法はあるのか、また今後の日本語教育の展望などについても考えていきたいと思います。  また、筑波大学加納千恵子教授、酒井たか子教授の特別ワークショップの他、東アフリカ内外の専門家による実践・研究発表、ポスター発表を予定しております。    東アフリカ日本語教育会議と銘打っておりますが、是非、東アフリカ以外の世界中からのご参加をお待ちしております。東アフリカの日本語教育の一部でも日本及び皆様の国へ伝えていただきたい、と思います。  実践・研究発表、ポスター発表は一般募集しておりますので、詳細については別紙をご覧ください。  今回の第二回東アフリカ日本語教育会議が、東アフリカ、更には世界の日本語教育の発展に少しでも寄与することを望んでおります。 第二回東アフリカ日本語教育会議 実行委員代表 里見 文 第二回東アフリカ日本語教育会議 発表募集 日時 2014年 8月8日(金)・9日(土)・10日(日) 場所 ケニア・ナイロビ 在ケニア日本国大使館広報文化センター(JICC)・多目的ホール 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) / 共催 在ケニア日本国大使館広報文化センター 援助 国際交流基金 テーマ「初級を教える— 初級日本語学習者への指導について考える —」 第二回東アフリカ日本語教育会議では、実践・研究発表、ポスター発表の一般募集をしております。使用言語は日本語もしくは英語です。 1) 実践報告・研究発表 a) […]

0

The 7th Japanese Speech Contest

May 19, 2014

The 7th Japanese Speech Contest was held on Saturday 22nd March, 2014 at Japan Culture and Information Center. 1st prize : Wanda Masinde (USIU) 2nd prize : Rahab Kihuha (USIU) 3rd prize : Amanda Kibe (Daystar University) Outstanding performance : Cynthia Wairimu Murimi (Catholic University) English presentation winner : Faith Syovata (Kenyatta University) おめでとうございます! For […]

0

日本語教師セミナー

May 19, 2014

日本語教師セミナー 初級日本語学習者に対する漢字の指導法 ー♪漢字を楽しく学ぶために♪ー 筑波大学人文社会系・教授 加納千恵子先生 2014年3月3日(日) 14:00 ~ 16:00 於 在ケニア日本国大使館日本広報文化センター(JICC) 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) 共催 国際交流基金 On 3 March, JALTAK will host Professor. KANO who is the author of the “Basic KANJI” series. She will give a seminar,”The Method of Teaching KANJI for Beginners”. This is the great opportunity to learn from a renowned professor, so […]

0

The First Conference of Japanese Language Education in East Africa Program

June 30, 2013

The First Conference of Japanese Language Education in East Africa Program Date: 12 (Fri) – 14 (Sun) July 2013 Venue: Japan Culture and Information Center (JICC), Embassy of Japan in Kenya Organized by: Japanese Language Teachers’ Association – Kenya (Jaltak) in conjunction with Embassy of Japan in Kenya Sponsor: Japan Foundation 12 (Fri) July: 9:30 […]

0

第一回東アフリカ日本語教育会議プログラム

June 15, 2013

第一回東アフリカ日本語教育会議 2013年7月12日(金)、13日(土)、14日(日) 於在ケニア日本国大使館日本広報文化センター(JICC) 主催 ケニア日本語教師会(JALTAK) 共催 在ケニア日本国大使館日本広報文化センター(JICC) 助成 国際交流基金 7月12日(金) 9.30-17.30 (19.00-懇親会) 9.30 受付開始 10.00- 開会式 (司会・蟻末 淳) 中村泰徳在ケニア日本国大使館広報文化センター(JICC)所長挨拶 10.15-10.45 自己紹介 10.45-12.45 佐久間勝彦先生(聖心女子大学教授・日本) 基調講演「日本から遠い国における日本語教育について」 12.45-13.45 昼食 ポスター発表 リディア・ワムティ(ケニア)「観光向けの日本語を習いましょう」 イヴォン・ウェリケ(ケニア)「日本語教育とICT」 13.45-15.15 実践・研究発表 「指導法」(司会・近藤 彩) 1. 海老原峰子(元Bunka Language Pte. School・シンガポール) 「動詞の指導法」 2. 三浦香苗 (金沢大学国際機構留学生センター・日本) 「遠隔ビデオ会議システムを用いた「異文化ディスカッション」指導の方法論」 3. 里見文(元パリ・ディドロ大学・フランス) 「自律的学習能力を高める契機としての教室活動 ―ポートフォリオを取り入れた語彙学習―」 15.15-15.30 コーヒーブレイク 15.30-17.30 牧野成一先生(プリンストン大学名誉教授・アメリカ)特別ワークショップ (司会・蟻末) 「『なかま』を使った初級・中級教授法 −−−「〜のだ」構文の教え方 −−−-」 19.00- […]

0